スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老けるのを、やめました。

「加齢は精神的価値を高めるものであり、決して肉体的価値を下げる為のものではない」

今日、健康と気分転換の為に近所を1時間くらい散歩してた時に思いついたフレーズです。


私は思考停止するのが嫌いなので、日頃なるべく先入観や固定観念を取っ払っていきたいと思っているのですが、
その中で意識していることは、「本当にどうしようもないこと以外は、どうしようもないことのせいにはしない」です。

例えば、最近私は胃腸の不調に悩まされているのですが、それに対して「このくらいの年になると身体の所々に不調が出てくるよねぇ」などと言われることがあります。
それは別に間違ってはないと思うし、フォローのつもりで言ってくれたんでしょうけど、そう言ってしまうと、身体の不調に対して「諦め」が生まれてしまう気がして。

また例えば、「不景気だから商品が売れない、就職できない、給料が上がらない」という考え方に対しても、
不景気だから売れない、お金がないことを「仕方ないこと」にしたところで、状況は何も変わらないし、嘆いていれば誰かが助けてくれるわけでもないじゃないですか。


そこで止まっちゃうと、責任転嫁しちゃうと、先に進めなくなる気がするんです。
先に進めないことを自分の中で言い訳しても、プラスにはならないと思う。現状維持はマイナスでしかない。

最初の例なら「最近私は、胃腸の不調に悩まされている」までが現実。これは通院しているので事実と分かる。
その現実を先入観なく受け止めた上で、「じゃあどうするか」を考える。
年齢のせいもあるかもしれないけど、それは「不調が出やすくなる→身体が弱っている→加齢のせい」という考え方から生まれるもので。
まず「年を取ると本当に身体が弱るのか?」ということに疑問を感じられる人間でありたい。
いくつになっても健康でいる人もいるし、年齢というより、その時その時の「自分の身体の声」に耳を傾け、その声に合わせて食事や健康法を変えている人だっていると思う。
だから、年齢が云々じゃなくて、まずは今現在の自分の生活が良くないからこういうことになってるんだ、というのが、最初に考えることのような気がします。


加齢の話に戻りますが。
まず「年齢」という「数字」に対して。これは、「どうしようもないこと」に当たると思います。
「生まれてから○年経った」という事実は、時間が進み続けている以上、どうすることもできない。
だから逆に言うと、私は自分の年齢に対しては悩まないです。年訊かれても隠さず普通に答えちゃう。だってどうしようもないことだもん。

そして「老ける」ことに対して。これは「どうしようもないこと」ではないと思う。
もちろん60才とか70才とかになったら「どうしようもないこと」にシフトしていく率は上がると思いますよ。遺伝子はすり減っていくから。
でも、たかが32才で「老けても仕方ない」と思うのは、まだまだ甘いんじゃないかと思ってます。
変に若作りするわけではなく、健康的な食生活と運動を続けて、いつまでも若く健康でいる人は40過ぎくらいならたっくさんいる。
自分が老けてるなら、それは単に「今の自分の身体に合った生活が出来てないから」だと思ってる。そんなのは自分の責任。

更に言うと、年を取ること…というより、長く生きていろんな経験を重ねることにより、人は精神的に成長していけるものだと思います。
ちょっと前にツイッターに書いたのですが、
「人間、引き出しや経験が多ければ多い程、キャパが広がって人に対して怒ったり嫌ったりが減る。
 いろんなことを知って、経験して、いろんな人と付き合う年の重ね方すると人間が丸くなるし、逆だとどんどん視野の狭くて怒りっぽい壮年期~になる」

自分のことで言うと、性格自体は20才くらいから本質的にはあんまり変わっていないです。
でも、経験を重ねたことで、いろんな立場で物を考えられるようになった。昔に比べて、考え方の違う他人に対して肯定的に受け止められるようになっていると思います。
手前味噌ですが、これは、自分が良い年の重ね方をしていると誇っていい部分だと思っているから、だからこそ自分の重ねてきた年齢という「数字」に対して、堂々としていられるのかもしれない。


いろいろ書いたけれど、結局言いたいのは「大抵のことは自分次第。どうにもならないことは気にしない」です。
「どうにもならないことなんて どうにでもなっていいこと」って、ブルーハーツの中の人も言ってたし。
どうにでも出来ることに意識を向けて、それに対する可能性をいつまでも追っていきたいです。


というわけで、これからは「加齢」はしても「老ける」ことはしませんよ!! と、言い聞かせる!!!

「身も心も、今の私が自分史上一番好き」っていうナルシスト魂を、いつまでも持ち続けられる生き方をしていこうと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちはる

Author:ちはる
素直でひたむき、ちょっと変態。
「表現」することが大好きです。
デザイナーはじめました。

プロ野球大好き(ベイスターズ 渡辺直人)
フィギュアを少々(町田樹 伊藤みどり)
ストレングスファインダー(指令性/責任感/原点思考/着想/収集心)
ミュージカル(レ・ミゼラブル one on one)
創作活動(プロ野球などの応援グッズetc)
歌 作詞作曲 読書 妄想

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。